鹿島おどり Blog

おどれや、さぁ、おどれ! ヤッサ!ヤッサ!ヤッサヤッサヤッサ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

祭りのあと・・・

鹿島おどりは大盛況のうちに無事終了いたしました。
たくさんのご参加並びに観覧誠にありがとうございました。

鹿島の夏の楽しみが一つ終わってしまいました。
何か寂しい物がありますね。
また来年までまたなければなりませんが、
来年はもっと盛り上がるように企画していきたいと思います。

まだまだ夏は続きます。
海に山に今年の夏を満喫しましょう!

| 第43回 鹿島おどり | 13:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

事務局の皆様へ

鹿島おどり事務局の皆様

鹿島おどりが終了し、さぞやお疲れのことと存じ上げます。
準備から設営にいたるまで本当にお疲れ様でした。

今年、私は数年振りに鹿島おどりを観覧させて頂きました。
久しぶりに鹿島の夏の到来を肌で実感したように思います。
また同時に、事務局の方のコメントにもございますように「ひとつ夏の楽しみが終わった寂しさ」も感じております。
事務局の皆様におかれましては、事後処理等の作業が残っていらっしゃるのでしょうね。
まだまだ暑い日が続きますが、頑張ってください。

さて、個人的な意見で誠に恐縮ではございますが私なりに鹿島おどりに感じた事をコメントさせてください。
一つの意見として来年以降の参考にして頂ければ幸いです。
数年前、鹿島おどりを観覧した際マナーの低下に驚きました。
若者の一部が狂喜乱舞し、ダラダラと練り歩き不安感すら覚えたものです。
しかしながら、今年は随分と参加者のマナーが向上したように感じました。
主催される事務局の皆様の努力の賜物なのでしょう。
しかし、欲を言うならば以前は鹿島おどりの活気や賑わいの中にも崩してはならないものが、もっと多くあったと思います。
来年以降も参加者マナーの向上に努力邁進される事を心より期待しております。
さて、次に今年のアナウンスはどうだったでしょうか。
世代の違いと言ってしまえばそれまでなのでしょうが、随分と乱れた印象を受けました。
言葉遣いに品格が無く、壇上で立ち上がり右往左往する姿には不快感を感じました。
一生懸命にされているのだとは思いますが、分別をわきまえる事も大切なのではないでしょうか。
鹿島おどりの主役は誰なのでしょうか。
自己陶酔されるのも結構ですが、一考の余地があるように思います。
鹿島おどりの終了も、多くの参加者がゴミ拾い等を始められていた中、中央付近の一部で盛り上がり再び演奏が開始されていました。
マナーの低下を助長する一因ではないでしょうか。
来年は、アナウンスをされる方には是非気を配っていただきたいと思います。

最後になりますが、私は鹿島おどりを心より愛しております。
したがって、この鹿島おどりを運営されている事務局の方に、苦言を呈するのはいささか気後れを感じます。
しかしながら、今後も鹿島おどりが次世代へと受け継がれていくのであれば守るべきものは守っていただきたいと思います。
先人たちがどのような思いで鹿島おどりを始められたのか、今一度再考していただければ幸いです。

| | 2006/08/11 19:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kashimaodori.blog72.fc2.com/tb.php/31-cbacc10d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT